カメラ講座 写真のある暮らし

一眼レフカメラはレンズを知れば10倍面白くなる!

みなさんこんにちは!今回は一眼レフカメラが更に楽しくなるレンズについてのお話です!(前回のお話はコチラ)

まだ一眼レフカメラを始めたばかりの方は必見です♪

一眼レフカメラはレンズの効果や特性などを知っておくと10倍も20倍も面白くなりますよ!

もちろんこれから一眼レフカメラや写真を始めたいと思っている人も読んでみてください♪

これからのみなさんの写真生活がもっと豊かに、更に楽しくなるようなお話をお届けしていきたいと思います!

ぜひ最後までお付き合いくださいね♪

画角を知ろう!レンズの種類と特性

レンズには大きく分けて3つの種類があります!

まずは下の表を見てみましょう!

これらは写真に写せる範囲によって区分けされているんです♪

この写る範囲の角度のことを画角と言います!

【広角レンズ】

広い範囲を写せるレンズです。近くにあるものも小さく写ります!

広範囲を1枚の画面に映しこむことができるので、広がりや高さの表現 遠近感が強調されるという点が特徴です♪

また被写界深度(ピントの合う幅)は深くなるので、手前から奥までハッキリとシャープに見せたい(パンフォーカスと言います)場合や風景写真などにも広角レンズは適しています♪

【標準レンズ】

焦点距離(レンズの中心からセンサーまでの距離)が35mm〜50mm前後のレンズを標準レンズと言います♪

画角(写る範囲)が人間の視野に近いレンズで、写った景色の遠近感も肉眼で見た場合に近いため とても自然な描写ができる点が特徴です!

【望遠レンズ】

肉眼では小さく見える遠くの被写体を大きく写したり、近くのものを画面いっぱいに写すことができます!

被写界深度(ピントの合う幅)が狭い性質のため、背景をボカして撮りたい場合に向いているのが特徴ですよ♪

しかし、標準レンズや広角レンズよりも 写る範囲は狭くなります!

レンズによって変わる遠近感

下の写真は、被写体の位置は変えず、レンズの種類と撮影者の位置を変えて 被写体の大きさが同じになるように撮影したものです♪

【広角レンズ】

広角レンズで撮影する場合、人物の大きさを標準レンズや望遠レンズと同じに写すためには一眼レフカメラが近く必要があります!

上の写真の場合、一眼レフカメラは前に出ていますが 背景のカウンターなどは遠くに見えていますね♪

このように、遠近感が強調されるのが特徴です!

【標準レンズ】

肉眼で見える風景にとても近い写真です♪

この写真では50mmのレンズを使っています!

広角レンズの比べると背景も近くなって、やはり見た目の景色に近い状態になっていることがわかりますね♪

【望遠レンズ】

広角レンズや標準レンズでの撮影位置より、一眼レフカメラ側が下がって撮影しています!

人物の大きさは同じですが、背景がずいぶん近くにあるように見えますね♪

これは一眼レフカメラ側から見て、遠くの背景が大きく写り 近くの人物(被写体)との遠近感が弱く 奥行きがなくなっている状態なのです!

これを圧縮効果と言いますよ♪

つまり、1枚の写真の中で 遠くの背景と近くの人物とでサイズの違いが少なくなっているため

あまり距離感がないように見えるということなのですね♪

家族写真 茨城

レンズに関する注意点!

デジタル一眼レフカメラには大きく分けて2つの種類があります!

フィルムの時代に “35mmフィルム”、“APSフィルム”というサイズのフィルムがあったのですが

デジタルの一眼レフカメラが主流になった現在も、当時のフィルムサイズに因んだ大きさを基にイメージセンサー(レンズから入った光を電気信号に変えるもの)が作られているのです♪

フルサイズカメラ・・・35mmフィルムに光が当たる面積とほぼ同じサイズのイメージセンサーを搭載した一眼レフカメラ。

APS-Cサイズカメラ・・・APSフィルムに光が当たる面積とほぼ同じサイズのイメージセンサーを搭載した一眼レフカメラ。

この2種類の一眼レフカメラはそれぞれサイズが違うため、レンズもそれぞれのカメラの規格に合わせて作られています♪

そのため、

APS-Cサイズのレンズ表示ミリ数 × 約1.5倍〜1.6倍 = フルサイズの表示ミリ数(撮影時の比率は同じで変わらない)

となります!

なんだかとってもわかりにくいですね!笑

つまり、簡単にいうと サイズの大きさが違うから表示される倍率も変わるんだよー!っていうことなのですね♪

ここでレンズを選ぶ際に注意が必要なのです!

レンズのカタログなどにはAPS-Cサイズは“35mm換算で〜”などと表記されています♪

例えば標準レンズの50mmが欲しい!と思った時に フルサイズの一眼レフカメラではそのまま50mmとして写ります。

ですが、APS-Cの一眼レフカメラではだいたい75mmくらいの焦点距離(レンズの中心からセンサーまでの距離)になって少し望遠気味な写りになるのです。

上記にも出てきた通り1.5倍されているわけですね♪

なので、APS-Cサイズの一眼レフカメラで50mmくらいの画角のレンズを購入したい場合、35mm換算でいうと30mmくらいの焦点距離のものを選ぶようになります♪

なかなかややこしいところではありますが、パッと見でわかる“35mm換算の早見表”などもあるので活用することをおすすめします♪

ちなみに、APS-Cの一眼レフカメラにフルサイズのレンズを使用した場合、フルサイズ時の約1.5〜1.6倍の大きさに変わるだけなので使用できます。

しかし、フルサイズの一眼レフカメラにはAPS-Cのレンズを使うことができません!

メーカー純正のレンズなどであればそもそも装着できない仕組みだったりしますが、装着自体できてしまうレンズで無理に撮影すると

周辺が真っ暗で覗き穴のような写真になってしまうので注意しましょう!

レンズを選ぶときにはまず、自分の使う(使っている)一眼レフカメラのサイズをしっかり確認してくださいね♪

また、これから一眼レフカメラを始める方も、ずっとAPS-Cサイズの一眼レフカメラを使うのか 上達に合わせてゆくゆくはフルサイズの一眼レフカメラに切り替えるつもりなのかなど レンズのことなども含めて考えておくと良いでしょう♪

フルサイズの一眼レフカメラに替えたいけど、APS-Cでレンズを揃えてたから勿体無いかも・・・なんて後々ガッカリすることがないように じっくり考えて購入することをおすすめします♪

APS-Cサイズのダブルズームキット(18-55mmなど標準ズームレンズと55-300mmなどの望遠ズームレンズが2本セットになったもの)が付いてくるものから始めて どのような画角でどのような写真になるのかを知っていくのも良いと思いますよ♪

家族写真 茨城

レンズの使い分けで広がる写真の楽しみ!

ここまではレンズの違いや特徴、注意点などについて簡単にご紹介してきました♪

ここではそれぞれのレンズの特性のおさらいと活用法を少しご紹介します♪

●標準レンズ・・・50mm(35mm)の画角を中心とした肉眼の視野に近いレンズ。

人間の視野に近いため、脚で撮るレンズと言われたりもします!

寄ったり引いたり、自分の脚で移動しながら ほとんど見たままの画角で撮ることができるので、一眼レフカメラを始めるときに一番最初におすすめしたいレンズです♪

写せる範囲がわかりやすいので、いろんな角度や距離を試してみと それだけで本当に様々な写真を撮ることができますよ♪

スナップやポートレイト、風景写真など あらゆる場面で使えるオールマイティなレンズと言えます!

●広角レンズ・・・広範囲が撮影できる。広がりや高さを表現しやすいレンズ。ピントの合う幅も深くなる。

風景などの広がりや奥行きある写真ではもちろん、室内を広く撮りたい時や大人数での写真を撮りたい時にも広角レンズは便利です♪

被写体にグッと寄ることで、被写体は大きく 周りの風景や環境はより小さく写るので 被写体に迫力を持たせることもできます!

また、広く撮れる利点を活かして 対比的な大きさのものを入れてみるのも写真に広がりが強調されたりします♪

例えば 海や空の写真に鳥や人など 大きさの全然違うものを入れてみるのも良いかもしれませんね♪

見上げるようなアングルから縦に 高い建物や木を撮ると遠近感が生じて高さの表現に迫力を持たせることもできますよ!

●望遠レンズ・・・遠くのものをより大きく、近くに撮影できるレンズ。ピントの合う幅は浅くなる。

滑らかな背景のボケを活かして被写体だけを切り取ったように強調できるので、被写体をより印象的な写真に仕上げたい時などにも便利です!

遠くて近づけないものも大きく撮ることができますし、画角が狭いので余計なものを写し込まずに撮ることができますね♪

圧縮効果を利用して、あえて密度の高い写真に仕上げてみるのも面白いと思いますよ!

遠くの背景を大きく写すことで、広角レンズとは違った迫力も生まれると思います♪

 

このように、レンズの特徴や性質をうまく利用することで、一つの状況からでも様々なバリエーションの写真が生まれます!

レンズを交換して全然違った世界を楽しめるのは、まさに一眼レフカメラの醍醐味の一つです♪

今回ご紹介してきたレンズの種類の中にも、明るく撮れる単焦点レンズや、至近距離から撮れるマクロレンズなど

更に特徴的な性質を持ったレンズもありますよ!

1つの画角だけで色々な撮り方やアングルなどを楽しむのも良いですし、色んな画角のレンズを試してみることで、写真に幅が生まれたり 一味違った雰囲気を表現できると思います♪

これから写真や一眼レフカメラを始めたい!という方も、始めたばかりでレンズの違いもまだよくわからない!という方も♪

阿部写真館プレイアトレ土浦店無料の写真教室に遊びに来てみませんか?

もちろん、子供を自分の手で撮っていきたいと思っているママさんやパパさんも!

幅広い層の方の『わからない』や『知りたい』に直接お応えします♪

ご質問や詳細のお問い合わせはQRコードから 下記手順でお願い致します!

※①QRコードを読み込む ②LINEの友達追加画面を開く ③ライブラリから画像を読み込む を押して、この画面を選択

今後のイベント情報やキャンペーン情報も随時更新予定です!ぜひチェックしてみてくださいね♪

次回も写真のある暮らしの魅力や一眼レフカメラについて、みなさんのお役に立つようなお話をお届けできれば嬉しいです♪

ではまた♪

-カメラ講座, 写真のある暮らし
-, , ,

Copyright© 写真と暮らそう!阿部写真舘 茨城 プレイアトレ土浦店 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.