写真のある暮らし

個性よ輝け★ モデルのようなかわいい写真を撮ろう!

「○○ちゃん、こっち向いて♪」

 

かわいい我が子の写真を撮ろうと、

カメラを向けて、そう子どもに声をかけると

かならずピースサインをするんです。

 

ですから、

幼いころの写真はピースサインだらけ。

 

もっと早く、

かわいい写真を撮るコツを

知っていればよかったのになぁ~。

 

フォトブックを見ながら

いつも残念な気持ちになる

WEB担当のまるです。

今はスマホで

ふだんから気軽に写真が撮れます。

 

でも、愛する我が子のとっておきの写真が欲しい!

そう思うのが親心。

 

昔に比べますと、

一眼レフカメラを手にするお父さん、お母さんの姿を

よく見かけるようになりました。

 

愛らしい表情やかわいい笑顔のショットを

うまくとらえることができたらうれしい♪

 

でも、子どもってパワフルです!

 

なかなかじっとはしてくれません。

 

興味がある方へすぐに走り出してしまいます。

 

いつもの風景、ふだんのなにげないショットなら、

それも躍動感があっていいですね。

ただ、七五三や入園・卒園、

入学式などの節目に撮る写真では、

きちんとしたショットも残したい。

 

記念の写真は一生ずっと残るものですし、

飾っておきたいと思いませんか?

 

いつもの自然な表情の

さらに一歩、二歩上をゆく、

とっておきの表情が欲しい。

 

まるで、グラビアのモデルみたいな、

かわいくって、カッコイイ、

最高の写真を撮りましょう!

七五三

子どもが自由に遊びまわっている時に、

写す場合とは違って、

カメラを向けての写真撮影は子どももかなり緊張します。

 

緊張すると表情もかたくなって、

だんだん笑顔が消えていく・・・。

 

また、テレかくしに、

ふざけたり、おどけたりすることもあるでしょう。

 

そんな時に

「もっと笑って!」とか、

「きちんとしなさい!」と怒られたら?

 

もうどうしていいのかわからなくなります。

 

いい笑顔、表情が欲しいのに、

不機嫌になってしまっては本末転倒。

せっかくの記念撮影が

子どもにとって「嫌な事」になるし、

家族みんなもかわいそうです。

 

自分が主役になることは、

うれしいことでもあり、

ちょっと恥ずかしさもあるかもしれません。

 

子どもの成長をお祝いする記念撮影は、

家族みんなのお祝い事です。

 

みんなで楽しくなるような

記念撮影をすることがコツといえます。

 

基本は、

「子どもが喜ぶことをする♪」

 

たとえば、大好きなキャラクターを

カメラの近くに置くと、

目線が自然にカメラに向きます。

そして、その大好きなキャラクターを

手渡された時のうれしそうな表情。

 

抱きしめたくなるくらいキュートです!

 

実は、人はかわいい小物やお花を

近づけたり持ったりすると、

ふっと表情がやわらぎ、かわいらしさがUPします。

 

(これは、大人の方の撮影でも効果があり♪)

 

七五三の撮影でも小物アイテムが活躍します。

 

毬やお手玉、

バルーンやぬいぐるみなどは定番です。

 

遊べるアイテムがあると

自然にわくわくしてきちゃう。

 

顔が明るくなって、

いろいろなことをしたくなります。

 

男の子なら、刀があれば、

エイッ、ヤーッ!!と振り回す。

 

ピストルがあれば、

もう撃つポーズ、撃った後の決めポーズが

次から次へと繰り出されます。

 

クールでナイスなポージングや表情が

自然にできちゃうんです。

また、大好きなミュージックも

心と体の緊張を解きほぐしてくれます。

 

「USA」、「パプリカ」などの曲が流れたら

阿部写真館のスタッフも

思わず踊り出してしまいますよ♪

 

お子さんが遊びだしたり、踊り出したら、

お父さん、お母さんもいっしょに

遊んであげて下さい。

 

ひとりじゃないという安心感は、

ステキな表情をゲットする重要なポイントです。

 

いっしょに遊んでいるうちに、

ぐんぐんテンションがUPして、

最高の笑顔をひきだします。

 

「あの時はみんなで踊ったね!」

写真だけでなく、撮影自体が

家族の楽しい想い出になるでしょう。

 

お遊びアイテムの効果は、

ただ楽しさをくれるだけではありません。

 

その時の子どもの顔の小ささや背の高さが、

アイテムと一緒に写ることで比較され、

わかりやすくなります。

 

その年齢、その時ならではの

成長の記録に一役かっているのです。

 

また、お子さんのイメージも、

プロのテクニックを加えることで、

一段と魅力が増します。

 

ヘアスタイルを変えただけでも

かなり印象が変わりますよね。

 

プロのスタイリストによる

ヘアスタイルやメイクで雰囲気づくり。

 

そこにプロのフォトグラファーの腕が加わると

かわいい系、カッコイイ系、セクシー系など

個々が持つ魅力が際立ち、より個性が映えるんです。

 

 

個性が華やぐ、

まるでモデルのようにステキなお子さんの写真。

 

ぜひゲットしてくださいね(*^_^*)

 

家族写真 茨城

-写真のある暮らし

© 2020 写真と暮らそう!阿部写真舘 茨城 プレイアトレ土浦店