1. HOME
  2. ブログ
  3. スマホ写真の裏ワザ!イルミネーションも劇的綺麗に!

スマホ写真の裏ワザ!イルミネーションも劇的綺麗に!

みなさんこんにちは!

今回はイルミネーション撮影でも使える

スマホ写真の裏ワザについてのお話です!

誰でもスマホで手軽に綺麗な写真が撮れる時代

みなさんはうまく使いこなせていますか?

意外と知らないスマホカメラの便利機能から

知って得するスマホ写真を綺麗に仕上げるコツ

スマホでも綺麗に撮れるイルミネーション撮影の裏ワザ

さらにスマホ写真の弱点と注意点まで

まるっとご紹介していきます!

ぜひ最後までお付き合いくださいね♪

スマホ撮りの意外と知らない便利機能!

みなさんは普段どんな場面でスマホ写真を撮りますか?

暗いシチュエーションで

イマイチ思い通りに写せなかったり

ブレてハッキリしない写真になってしまったり・・・

せっかくの楽しい思い出や

良いなと思う瞬間も

それではガッカリしてしまいますよね?

でも実はそれ、ちょっとした工夫や

スマホカメラの機能を知っておくだけで

解消されるお悩みかもしれませんよ!

まずここでは 知らなきゃもったいない!

スマホで写真を撮る際の

便利機能をいくつかご紹介していきます♪

スマホにも色々なメーカーの

様々な機種が存在しますが

まず今回はiphoneでの機能を

メインにご紹介していきます!

メーカーや機種によって

細かな機能や名称、設定法などは変わりますが

今や多くのスマホカメラに

共通で搭載されているスタンダードな便利機能には

こんなものがある こういう撮り方ができる!

という一つの参考になれば良いなと思います♪

・ポートレートモードを活用しよう!

スマホカメラには

いくつかの撮影モードが備わっていると思います♪

その中の一つに「ポートレート」という機能

(機種によって名称は違う場合があります。)があります!

どんなものかというと

背景や近くにある手前のものなどを

一眼レフカメラのように

ボカして撮ることができる機能なのです!

通常のスマホカメラでは

全体的にハッキリと写るように設定されているため

手前のものも背景もピントが合ったように写ります♪

例えば広々とした風景など

全体をハッキリ撮りたいときには便利ですが

何か主役の被写体を際立たせたい時や

人物を撮りたい時などには

このポートレート機能を使って撮ると

スマホ写真もひと味変わって見えますよ♪

・AE/AFロックを使うと便利!

スマホ画面をタップして

せっかくピントを合わせたのに

ちょっとした弾みや少し角度がズレただけで

ピントが外れちゃう!

その度にまた画面をタップして・・・

そんな経験ありませんか?

出来立ての美味しそうなお料理を

アツアツうちに スマホで写真に撮って

SNSにあげようと思っても

これではなんだか煩わしいし

お料理もだんだん冷めてしまいますね笑

そんな時、ピントを固定してくれる

便利でありがたい機能!AE/AFロック!!

起動中のスマホカメラの画面で

ピントを合わせたい場所を長押しします!

すると選択したその箇所にピントが固定され

多少角度を変えたり位置を変えたりしても

きちんと主役の被写体を

捉え続けてくれるのです♪

これなら何度も画面をタップしなくても済むので

ラクラク撮影できちゃいますね♪

・動く被写体にはLive Photos機能!

AE/AFロックをしても

被写体の動きが激しくて

なかなかピントが合った写真が撮れない・・・

そんなこともあると思います!

例えば子供が元気に遊んでいる時って

飛んだり跳ねたり走ったり ピントを合わせたくても

なかなかジッとはしてくれませんし

逆にジッとしていては元気に遊ぶ様子は

うまく伝わらない写真になってしまいますよね?

そんな時にはLive photos機能を上手く活用しましょう!

この機能はシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつ

合計3秒間の映像と音声を保存できる機能なのです!

使い方は簡単

スマホカメラを立ち上げ

画面上部に出てくる丸いマークをタップして黄色にします。

「LIVE」と表示されたら設定がオンになります。

このLive photos機能を使って撮影した映像を、アルバムの画面から選択し

編集のボタンから1コマずつ確認できます。

その中からベストショットを選べば

写真としても保存ができますよ♪

・HDRで明暗のバランスがイイ感じ!

HDRとは、明るさの違う複数枚の写真を合成することで

逆光や暗い場所で撮影した場合でも

全体の明るさのバランスが取れた

キレイな写真にすることができる機能です。

例えば屋内や逆光の状態で

被写体をちょうど良い明るさにしようとすると

外の景色や背景が明るくなり過ぎてしまったりして

全体がきちんとキレイに写るように撮ろうとしても

なかなか思い通りにいかない!

なんてことは経験があると思います。

そこでHDR機能の出番!

カメラを起動させ、撮影画面が表示されたら

画面上部の「HDR」をタップします。

「HDR」の表示がない場合は

設定が「自動HDR」になっているので

【設定】→【カメラ】→

【自動HDR】をオフ にすればカメラ上で

「HDR」が切り替えられるようになります♪

Androidをお使いの方でも設定は簡単です。

カメラを立ち上げ、右上の歯車マークをタップ

「HDR(リッチトーン)」をタップしてオン

これでOK!

ただし、HDR機能は写真の合成なので

被写体に動きがあると条件によってはブレたり

せっかくの鮮やかさが抑えられた発色になったり

弱点もあったりします。

そんな場合には通常のカメラモードや

ポートレートモードなどで撮影した方が

良いかもしれません♪

SNS映え必至!イルミネーションをキレイに仕上げる裏ワザ!

さて、ここではさらに

これまでご紹介してきた機能なども使いつつ

冬の季節にもぴったりの

イルミネーション写真を

綺麗に撮って 綺麗に仕上げる

コツや裏ワザをご紹介します!

みなさんはイルミネーションを背景に

スマホのカメラで写真に撮る時

一緒に写したい人物や被写体が

暗くなってしまうことはありませんか?

そして まぁこんなものだよねって

ちょっと諦めてはいませんか?

そのお悩みは案外簡単に

解決できるかもしれませんよ♪

・イルミネーションの前で人物が暗くなってしまう理由

スマホカメラは自動的に

より明るい方へピントを合わせます。

ですがイルミネーションの場合は明るすぎるので

スマホカメラは自動で全体的な明るさを抑えてしまいます!

そのためもともと暗かった場所や人物は

さらに暗くなってしまうのわけです。

全体の明るさを調整する方法としては

スマホカメラを起動した画面で

ピントを合わせたい場所をタップした際に

表示される黄色いワクの隣に見える

太陽マークで調整できます。

(太陽マークを指でなぞるように動かすと

全体の明るさが変えられます【上で明るく、下で暗く】)

ですがイルミネーションの場合は人物が見えるまで明るくすると

イルミネーションまで一緒に明るくなって

白飛び(明るすぎて真っ白になる)してしまったりします。

ではどうしたら良いのでしょうか・・・

・AE/AFロックを使おう!

ここで先ほどご紹介した便利機能

AE/AFロックの出番です!

人物が暗くならないように撮るには

まず、写したい人物の顔を

画面上で長押しタップ

「AE/AFロック」という表示が出ます。

これでピントが固定されました!

そして「フラッシュ」機能を使います。

「フラッシュ」機能は

スマホカメラを起動している画面の

左上に表示されている

イナズマのマークからオンオフを切り替えられます♪

えっ これだけ?!

そう、基本的にはこれだけで充分キレイに

イルミネーションと人を一緒に撮れちゃいます!

ただし、撮り方を工夫するだけで

写り方や仕上がりはかなり違ってきます!

・フラッシュは少し上から当ててみよう!

真っ暗だった人物もフラッシュでキレイに写せた!

でも光が下から当たってておばけライトみたい・・・

なんてことになったらとてもガッカリですよね笑

フラッシュ(あるいは手持ちのライト)は

下からではなく少し上から当てるように

撮ってみると良いですよ♪

・奥行きを活かそう!

キレイなイルミネーションをよりキレイで

幻想的に撮れたら嬉しいですよね♪

でもよくありがちなのが

電飾が平面に設置された壁などと

平行になったまま背景にしていることです。

もちろん、電飾の施され方や

場面などにより変わりますが

その状態でイルミネーションを写してしまうと

平坦かつ密度の薄い なんともしょんぼりした

写りになってしまいます。

イルミネーションは奥行きや

電飾の密度などを意識すると

より幻想的で豪華に見えますよ♪

・イルミネーションの光源を利用しよう!

上記ではフラッシュを使った例を

ご紹介しましたが

イルミネーションの明かりそのものを

利用してスマホ写真を撮ることもできます♪

人物の顔をイルミネーションに

グッと近づけることで

フラッシュを使った撮影とは

また違った雰囲気のスマホ写真が撮れますよ♪

イルミネーションの密度が高くなる角度や

奥行きを意識して撮ってみてくださいね♪

・イルミネーション単体ならHDR機能を試そう!

ここまではイルミネーションと人物を

一緒に撮る方法をご紹介してきました。

でももちろん

イルミネーション単体も撮っておきたいですよね♪

そんな時は最初の項でも出てきた機能「HDR」

を試してみます!

「夜景モード」などが搭載されているスマホの場合は

そちらの機能を試してみることをおすすめします。

HDR機能は、肉眼で見たときの風景に

より近い状態でスマホ写真を仕上げてくれます。

明るすぎる白飛びや

暗すぎて起こる黒潰れを防いでくれますよ♪

イルミネーション単体で撮る時には

フラッシュはオフにしておきましょう!

・幻想的なイルミネーション写真を撮るコツ!

普通、写真はピントを合わせて撮ります。

スマホの写真でもそれは変わりませんが

イルミネーションの写真はあえて

ピンボケ状態を作り出すと

不思議で面白い「玉ボケ」の写真が楽しめます♪

まず、スマホカメラの画面上に

近い場所の対象物を写して長押し

「AE/AFロック」をします。

そのまま離れた場所(だいたい10mくらい)の

イルミネーションにスマホカメラを向け

イルミネーションがぼやけて丸く光っているのを

確認したらシャッターボタンを押します♪

・人が多い場面でも役立つLive Photos!

イルミネーションを施された並木道やツリーなど

「全体的に撮りたいんだけど

人が多くて写り込みがすごく目立つ・・・」

「知らない人の顔とかも写ってるし

SNSには載せづらいなぁ・・・」

これではせっかくの写真も気分も台無しですよね?

そこで今度はLive Photo機能の出番です!

最初の項では動く被写体を撮る方法として

ご紹介しましたね♪

実はLive Photos機能はイルミネーション撮影でも

その便利な力を発揮します!

長時間露光という裏ワザを使えるんです!

みなさんは車のヘッドライトが

線のように繋がって写った写真などを

目にしたことはありませんか?

長時間露光ではそういう写真を撮ることができます。

そこでここでは、

動かないイルミネーションを撮る際に

動いている人だけをあえて

ブラしたように撮ってみましょう!

①スマホカメラを起動

②画面上の「Live photos」をオンにします。

③イルミネーションを撮影!

④「写真」アプリから撮ったスマホ写真を開く

⑤写真を上にスワイプして「エフェクト」の項目を確認

⑥「長時間露光」を選択します

独特の雰囲気が楽しめて

SNSにも投稿しやすくなりますね♪

・ほんのひと手間がスマホ写真を変える!

みなさんはイルミネーションのスマホ写真に限らず

普段撮っているスマホ写真や

SNSに載せる写真も

撮ってそのままにしていませんか?

肉眼で見たときより

いまいち発色や明るさが微妙な状態

せっかくの楽しかった思い出や

感動した気持ちなども

見直してみるとなんだか褪せた気分になりますよね。

そこでほんのひと手間!

撮ったスマホ写真を開いて

外面右上に表示される「編集」をタップ

すると上に「調整」の文字が出ますね♪

そうです、この画面で撮った写真の明るさや

鮮やかさ、色合いなどが調整できるのです!

撮ったスマホ写真によって

色や明るさのバランスを整えたりすると

肉眼で見ていたときの鮮やかさや明るさに

より近づけることができます。

「自動」というボタンを押せば

スマホが自動で調整してくれるので

そこから自分で思い通りに整えると

簡単ですよ♪

イルミネーションの灯りの強弱や

発色なども、このやり方で

後から調整することができます♪

まだ使ったことのない方は

ぜひ試してみてくださいね♪

スマホ写真の弱点と注意点!

とっても手軽で

しかも多彩な機能持つスマホカメラ

しかしそんなスマホ写真にも

弱点や注意点があるのです。

・暗い場所の撮影が苦手

今回はスマホでイルミネーション写真を撮る方法

をご紹介してきましたが

スマホカメラは明かりの少ない夜間や暗所での撮影は

苦手なのです。

暗い状況でシャッターボタンを押すと

ノイズと呼ばれる画質荒れがとても目立ちます。

明かりの少ない暗い場所などを撮る場合には

光源を意識したり、ライトを上手に活用してみましょう!

※ノイズは「編集」にある「ノイズ軽減」で

目立たなくできますが

写真の質感なども損なわれてしまうので

調整する際には要注意です♪

・スマホカメラはズームが苦手

スマホカメラのズーム機能は

デジタルズームというものを採用しています。

画像を引き伸ばして拡大させているため

画像が劣化してしまうのですね!

スマホで写真を撮る際には

なるべくならズームを使わず

後からトリミング

(「編集」から選択できる、写真を切り取る機能)

を使ってみましょう!

・加工をしすぎると画質が荒れる

スマホの写真はJPEG画像といって

加工や編集などを加えるたびに画質が荒れてしまいます。

多少の調整であれば、撮ったままの状態より

キレイに見えるようにすることができますが

やり過ぎてしまうと画質の悪い

残念なスマホ写真になってしまいます。

スマホで撮る段階から

なるべく少しの調整で済むように

明るさを工夫したり

やり過ぎた加工をしてしまわないように

注意しましょう!

阿部写真館プレイアトレ土浦店で

ワンコイン写真教室開催中!!

今回はスマホカメラの便利機能や

スマホ写真でも綺麗に写る

イルミネーションの撮り方などについて

ご紹介してきましたが

いかがだったでしょうか♪

阿部写真館プレイアトレ土浦店では

みなさんの写真やカメラに関する

なぜ?や、わからない!を

楽しく解決するワンコイン写真教室を

毎月開催しています!

これから写真やカメラを初めてみたい方も

自分ではいまいちよく分からない

写真のお悩みなども

お話しながら直接、丁寧にお答えします♪

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラはもちろん

今回ご紹介したようなスマホ写真の撮り方や

コツや使える裏ワザなども詳しくお教えします!!

講座もステップや内容ごとに分かれているので

参加したい講座もお好きに選べます♪

ブログではご紹介しきれなかった

マル秘テクニックなども

写真教室でご紹介してます!

【ご参加方法】

毎月の開催情報とご参加のお申し込みは、下記載の阿部写真館プレイアトレ土浦店公式LINE@QRコード または電話でのお問い合わせにてご連絡ください♪

阿部写真館プレイアトレ土浦店 TEL:0120-545-724

【お持ちいただくもの】

スマホ・ノート・筆記用具・お飲物

【参加費用】

500円(税込)

【所要時間】

約1時間半

※開催内容によって一部変動あり

ぜひ遊びに来てみてくださいね♪

 

次回はスマホ写真がもっと楽しくなる

スマホ写真のおすすめアプリや

便利機能などをご紹介したいと思います!

ではまた♪

関連記事