写真のある暮らし

マタニティフォトでのおすすめポーズ・小物

こんにちは。

Web担当 高橋です。

 

最近はマタニティフォトを記念に残すご家族が増えています。

赤ちゃんがお腹にいる間、しかもだいぶ成長して

ポッコリとまあるくなっているお腹は期間限定のもの。

 

赤ちゃんが産まれてくるのを楽しみにしている時期の

ワクワク、ドキドキ感を写真にのこすのは、

とても良い記念になります。

 

今は、毎回の検診ごとにお腹のなかの赤ちゃんの様子を見る

超音波での動画や写真を渡してくれる産婦人科が多いですよね。

 

それを撮影小物に利用して撮影するのも

素敵な成長記念写真となるはずです。

 

 

 

撮影小物として他にオススメなのがベビー用品。

 

お腹が大きくなってくる頃には、

少しずつベビー用品もそろえ始めているはず。

 

産まれてきたら使う予定のベビー服、靴下やスタイ、帽子。

ガラガラやぬいぐるみなどのおもちゃ。

ちょっと気が早い!?ファーストシューズ。

 

ベビー用品は、

あなたが産まれてくるのをこんなに楽しみにしているのよ、

と伝わる小物達だと思います。

 

 

そしてちょっとひねったところでは、

名づけ辞典のような名前を考えている時に使うもの、

まだ写真の入っていないアルバムや写真立てなど、

これから産まれてきたこの写真を入れる予定のもの、

などもアリではないでしょうか。

 

他にマタニティフォトの小物と言えば、

お腹を可愛く彩ることのできるペイントも人気ですね。

実際に描く必要がない簡単に使えるシール状のものもたくさんあります。

 

これから産まれてくる赤ちゃんへ向けてのメッセージを

カードやプロップスにして手に持って撮影、

なんていうのも良いですよ。

 

 

 

 

ポーズの方は、ママたちに人気なのはパパがママをバックハグして

二人でお腹に手を添えるポーズ。

定番といってもいいほどよく目にするポーズですね。

 

ただ手を添えるだけでなく、

両手でハート形ができるように手を添えるパターンもあります。

 

このバックハグのポーズ、シャイな人にとっては

かなりハードルが高い!?

そんなシャイな人でも顔が写らないように

お腹をクローズアップしたカットなら大丈夫なのでは?

 

 

他に定番ポーズと言えば、

パパとママが向かい合って、

パパがお腹に触れたり話しかけたりするポーズ。

 

糸電話を小物に使うこともよくあります。

簡単に自作できる小物ですから、

紙コップ部分に色を塗ったり、模様を描いたりして、

糸部分へは「HELLO♪」などとメッセージをぶら下げて、

世界に一つだけのものを作るのはどうでしょうか。

 

パパママ一緒のポーズでユニークさがあるものなら、

パパも一緒にお腹を出すポーズ!

ママに負けないくらい立派なお腹のパパも

そうじゃないパパもお腹を出しちゃいましょう。

パパのお腹にメッセージを書いちゃうのもいいですね。

 

 

お腹の正面からだけでなく、斜めや横向きで

お腹のふくらみが良く分かる角度のポーズでもぜひ撮影してください。

 

 

シリーズもののように撮っていくポーズもあります。

お腹が大きい時は、ちょっと苦しいかも知れませんが、

ママが仰向けになって撮るポーズです。

 

赤ちゃんが産まれた後は、

仰向けのママのお腹に赤ちゃんを載せて撮影。

各月齢でこまめに撮影すれば、

ママを物さしとして、どのくらい大きくなったかの

成長記録にもなります。

 

 

マタニティフォト撮影時に、上のお子さんがいるのなら

ぜひ一緒にポーズを撮ってもらいましょう。

 

バックハグのポーズでは、

お子さんは正面やサイドからママをハグ。

 

お腹に触れたり、話しかけたりのポーズではパパと一緒に。

 

お腹出しポーズも元気いっぱい出してもらいましょう♪

 

 

ママとお子さんだけで写るのも

ほのぼのとして良い写真となりますよ。

 

 

マタニティフォトは家族だけで撮影するものでもありません。

母親教室や産婦人科で仲良くなったママ友だちと一緒に

お互いまあるいお腹で一緒に撮影なんていうのも

楽しくて良い記念になるのではないでしょうか。

 

そのままご縁が続いて

お子さん同士が幼馴染として成長していくのなら、

お互いが母親のお腹にいる時から一緒に写真に写っているのって、

ある意味、感慨深いと思います。

 

小物やポーズを工夫して、

新しい家族を歓迎するマタニティフォトを残してくださいね。

-写真のある暮らし

© 2020 写真と暮らそう!阿部写真舘 茨城 プレイアトレ土浦店