写真のある暮らし

七五三の撮影お参りはいつやるべき?写真館がおすすめ撮影時期教えます!

七五三

お子様の成長に合わせてお祝いする七五三。

いつお祝いをするのかを調べると「数え年」でやるべきであったり、

「満年齢」でやるべきといった情報が出てきます。

以前は生まれた年を1歳とする数え年で、

3歳/5歳の男の子(満2歳・満4歳)

3歳/7歳の女の子(満2歳・満6歳)

のお祝いが主流でしたが

現在は数え年、満年齢のどちらでやらなければならない

という決まりはなくなってきています。

しかし3歳のお子様の撮影を数え年で行おうとすると、

2歳のイヤイヤ期に被ってしまうことがあり、

お着物へのお着替えはお子様にとって、とても負担になります。

 

3歳のお子様の七五三撮影は、なるべく満年齢をおすすめしています。

 

では、子供が七五三の年齢を迎えるけれど、七五三の撮影は何月にやるべきなんだろう?

前撮り?後撮り?

七五三のおすすめ撮影時期を

普段七五三の撮影を行なっている写真館の目線でお答えできればと思います。

七五三

七五三の参拝時期

七五三の参拝日は歴史・伝統的には、11月15日と言われています。

しかし、この日は大変混雑するということもあり、

時期をずらして前撮り・後撮りを行うのが主流となってきています。

 

9月から11月にかけては七五三のシーズンとされ、多くの人が七五三のお祝い・撮影を行う時期です。

お寺や神社も混み合いますし、お着替え・撮影のご予約も取りにくいです。

他に最適な時期はあるのでしょうか。

 

七五三の前撮り

七五三の本来の日付11月15日を本来の基準にした時に、

それよりも前に撮影を行うことは前撮りと呼ばれています。

 

7月から8月

ズバリ、七五三のピークシーズン前がオススメです。

7月・8月は七五三のシーズンとして混み合う少し前の時期であり、混雑を避けやすいです。

少し七五三シーズンの先取りといった感じで、比較的ご希望の日程での撮影を行いやすいでしょう。

お子さまの夏休みに合わせて平日を撮影日とすることもできます。

混雑を避けやすいこの時期はオススメです。

 

スタジオによっては、ピークシーズンよりも安く撮影ができるプランがあります。

とにかく安い費用での撮影をご希望の方にとって、おすすめの時期になります。

夏は日焼けをしやすい時期ですので、肌がこんがり日焼けして和装と合わなくなってしまった!ということにならないよう注意が必要です。

真夏で気温がとても高い時期です。撮影・お参りを一日に詰め込むのはとても体力的にとても大変です。また、長時間着物を着ていると着崩れしてしまうという可能性もあります。

撮影のみをこの時期に行い、お参りは七五三のシーズンに行うというのも良いと思います。

 

4月から5月

この時期に撮影を行うメリットは、気温が暑すぎず・寒すぎないところです。

混雑も少なく、気温も落ち着いているこの時期は快適に撮影を行うことができます。

この時期に撮影にいらっしゃる方、実は意外と多いです。

また、春先は桜や新緑のシーズンでもあり、桜や新緑をバックにしたお写真を撮れるシーズンのため、SNS映えする素敵なお写真を残すことができます。

この時期のロケ撮影はお写真がとても色鮮やかに、素敵に残せるでしょう。

しかし、新学期の開始と重なるこのシーズンは、環境の変化や行事などで忙しくなる時期でもあり、無理のないスケジュールの調整が必要になります。

 

後撮り

11月15日よりも前の撮影が「前撮り」と呼ばれているのに対して、それ以降に撮られるお写真は「後撮り」と呼ばれています。

七五三の後撮りにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

11月から12月

この時期のおすすめ理由は、前撮り時期に比べてご予約が取りやすいということです。

「前撮り」という言葉の方が「後撮り」よりもよく聞くと思われる方も多いのではないでしょうか。

実際七五三を前撮りで行う場合がほとんどですが、前撮りの方がご予約が埋まってしまいやすく、土日撮影希望の場合にはご予約が取りづらい場合があります。

そこで、おすすめなのが11月15日より後に撮影を行う後撮りです。

混み合う時期ですと、他にお支度をされる方もいる関係で、準備がスムーズに進まず思わぬストレスが発生する場合があります。

お子さまのご機嫌も撮影の大事なポイントです。

ストレスとなる混雑を避けるために、あえて時期を後ろにずらす選択も良いと思います。

また、夏の終わりや秋の初めは夏の日焼けでお肌の色が和装と合わなくなってしまう可能性があるとお伝えしましたが、この時期には日焼けの心配はありません。

夏の思い出づくりも大事なイベントです!夏に思いっきり遊ぶことができるのはいいですね!

後撮りは意外にもメリットが多い時期になりますが、年賀状に写真を使用したい場合は要注意です。

撮影日やスタジオの状況によっては、年賀状に間に合わない場合があります。

ご使用を考えている方は事前にスタジオ等にご確認ください。

 

混み合う七五三シーズンは注意!

いかがでしたでしょうか。

せっかくのお祝いの行事ですから、楽しい気持ちで迎えたいものです。

七五三を楽しい思い出にできるよう、ピーク時期に注意して気持ちに余裕を持って撮影の予定を計画していきましょう。

七五三

 

阿部写真館 プレイアトレ土浦店では、七五三撮影のご予約受け付けております。

土浦駅から徒歩0分。プレイアトレ土浦内のおしゃれスポットで素敵なお写真を残しませんか?

HP・公式LINE・お電話でお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約

-写真のある暮らし

© 2021 写真と暮らそう!阿部写真舘 茨城 プレイアトレ土浦店