写真のある暮らし

子供の写真っていつ撮る?残したい写真一覧

家族写真 茨城

「子供や夫婦の記念の日に何か思い出に残したい」

そうゆう時に思い出として残るものといえば「写真」だと思います。

一度きりの記念すべきその日をカタチとして残せるものとして

写真を残すことはすごくいいものだと思います。

そんな中でオススメしたい記念写真として

いくつかご紹介していきたいと思います。

 

①マタニティ

子供が出来た喜びや数ヶ月間しかない大きなお腹の時こそ残せる写真だし

自分から見たお腹じゃなくて客観的に見た時により幸せを強く感じれると思います。

そしてこのお腹から生まれてきた子に見せてあげることも出来ます。

マタニティ撮影は2人の赤ちゃんだからこそ夫婦で撮ることをオススメします。

お揃いの服装をしたり、大きくなった時に着せたい服装と一緒に写したりと

いろんな撮り方が出来るのでそれを考えるのも楽しい時間になると思います。

 

②ニューボーン

生後5日から生後10日、最大生後14日前後に撮影するのがニューボーンフォトです。

赤ちゃんを産むということはママにとって命がけのことだと思います。

何十時間も大変な思いをしながらの出産をします。そんな頑張ってくれたママへの

プレゼントとして写真を残すことをオススメします。

生まれたてホヤホヤの写真を残せるのは一瞬しかないからこそ写真として残し

将来大きくなった時にこの写真をお子様に見せてあげることが出来ます。

 

③誕生日、○○記念日

バースデー

1歳、2歳と毎年のお誕生日に写真を撮るお客様もいれば

ハーフバースデーなど節目の日に撮るお客様もいます。

お子さまの成長とともに写真が増えていく喜びが感じれるのは

ご家族の思い出にもなるのでオススメです。

その他にも結婚記念日や還暦などの記念に写真を残すお客様もいれば

母の日、父の日の感謝を伝える意味で一緒に撮影しアルバムなどにして

プレゼントすることも出来ます。

 

④七五三

七五三

3歳、5歳、7歳の節目でしか出来ないお祝いごとなのでお子様の行事として

撮影することはいいと思います。

特におじいちゃん、おばあちゃんに成長した姿を見せてあげられる日なので

写真に残してアルバムにしプレゼントとして渡すこともオススメです。

七五三当日は、着付け・お参り・お食事会など1日が慌ただしくなってしまうので

きちんと写真を撮る時間があまりないことが多いため、前撮りや後撮りを写真館で

撮影する方が多くなっています。

 

⑤入学(入園)、卒業(卒園)

子供の成長過程が分かるのが入学式・卒業式の日だと思うので

家族写真がない方でもこの日をキッカケに写真を撮ることが出来ると思います。

入学の記念なら、ピカピカのランドセルや制服姿を撮影したり

新しいことが始まるウキウキ感、新鮮さを写真に残すことが出来ます。

卒業の記念なら、新品だったランドセルや制服が何年間も使っていた証としての

味が出るだろうし学校で使っていた教科書や思い出のものと一緒に撮影したりと

お子様の成長した姿を残すことが出来ます。

卒後をし、大人の階段を登って行く門出として撮影することをオススメします。

 

⑥成人式

大人になっても見返すことが出来て思い出として残すことが出来ます。

20歳という成長した新成人と新成人を喜ぶ家族、親族を写真に収める記念の日で

携帯で撮る写真と写真館のプロの人が撮るのでは全く違うものだし

一生に一度の成人式でお気に入りの着物やヘアセット、メイクをして自分の

最高の姿をちゃんと写真に残して欲しいことからオススメです。

成人式当日より前撮りや後撮りで時間に余裕がある日に撮影すると

お得に撮影が出来るところも多くあります。

 

いかがだったでしょうか。

いろんな場面で写真を撮る機会があると思います。

ここに挙げた6つ以外でも日常的に写真を撮影することも

とても素敵だと思いますし、記念になる日の思い出を「写真」という

カタチに残すことが家族の行事の一つになってもいいのかなと思います。

 

阿部写真館ではいろんなシチュエーションの撮影が出来ますので

こんな撮影がしたい!などのご希望があったり、こんな撮影出来るの?などの

ご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。お待ちしております。

 

-写真のある暮らし

© 2021 写真と暮らそう!阿部写真舘 茨城 プレイアトレ土浦店