写真のある暮らし

オシャレさんにはもってこい!七五三モダンコーデ特集

七五三は昔からある日本の伝統文化です。
お子様の健やかな成長を祝い祈願する七五三、その名前の通り
3歳、5歳、7歳で行われます。

3歳、5歳、7歳の節目とした理由として暦が中国から伝わった際に
奇数は陽、つまり縁起がいいとされたため、
「3歳で言葉を理解し、5歳で知恵が付き、7歳で乳歯が入れ替わる」という
成長の節目の歳のためとも言われています。

近年では、モダンやレトロな和装を好む方が増えてきており
落ち着いた色味や柄物が増えてきています。
モダンスタイルとは、現代的・近代的なスタイリッシュさを
感じさせると共に、都会的でオシャレなスタイルのことを言います。
また小物類も帽子やメガネ、草履じゃなくてブーツを履くなど
時代とともに小物の使い方も変わってきています。

そこで今回は「七五三の服装選びの注意点」と今流行りの「モダンコーデ」を
ご紹介していきたいと思います。

 

七五三の服装選びでの注意点

1.七五三の服装は「内祝い」のため基本的には自由

こうしなければならないという決まりはありませんが
「神社」「寺院」という場場所に行くことを考えると
着物やスーツなどのフォーマルまたはセミフォーマルな服装が
適しています。

2.カジュアル過ぎる服装はNG

ジーパン、ジャージ、Tシャツはラフすぎる服装なので
失礼にあたります。
スニーカーやサンダルも同じくやめましょう。

3.肌の露出は控える

肌の露出が多い服装も好ましくありません。
半ズボンやミニスカートなどは避けるべきです。
男性なら長ズボン、女性がスカート履く場合は
膝丈を選びましょう。
ジャケットなど羽織るものがあるとより良いです。

4.大人の服装はお子様の服装の格より下のものを選ぶ

七五三の主役はお子様です。
まずお子様の服装を決めてから大人の服装を
合わせましょう。

 

お子様の正式な衣装とは

〜3歳女の子〜

[三つ身 お被布] 3歳の時は小さい「三つ身」の着物を着ます。
体格が合えばお宮参りの時の「初着」(一つ身)でもOK。
晴れ着に帯を結ばず、袖なし襟付き「被布」を羽織ります。

 

〜7歳女の子〜

[四つ身] 7歳では「四つ身」の着物を着ます。
丸帯をしっかり結び、帯締めは大人と同じ組ひもを使います。
着付けの手間を省いたり気崩れしにくい「作り帯」でもOK。

 

〜3歳、5歳男の子〜

[袴着] 男の子の正装は「羽織袴」ですが、お宮参りの時の「初着」も使えます。
「初着」をお子様のサイズに肩上げなど仕立て直しをし、袴を用意すれば
お使い頂けます。
背中に家紋を入れた「紋付の羽織袴」が正式ですが、羽織は紋付でなくとも
問題はありません。

 

年齢別!和モダンコーデ

☆3歳女の子☆
3歳の幼子には大人と同じ着物で長時間の帯付きをするのは難しいので
今は3歳用サイズの着物に被布が主流になっています。
3歳の着物は色合いは明るく柄がはっきりとしたものが多くあるので
7歳の大人っぽさよりキュートさがあります。

 

☆7歳女の子☆
雰囲気が大人っぽくなってくるお年頃の7歳女の子。
色合いも明るいピンクや赤のものより、淡い色やモダンで落ち着いた色
などが多く好まれています。
髪飾りではなくあえてハットやベレー帽を被せることでよりモダンな
雰囲気にもなりますし、草履よりもブーツを合わせるコーデが
人気になっています。
小物や帽子などをプラスすることで今時のオシャレさんになります!

 

☆3歳、5歳男の子☆
男の子の七五三は5歳だけではなく地域やご家庭の都合に合わせて
他の年齢でもお祝いすることが出来ます。
3歳の頃はあどけない可愛らしさがあり、5歳の頃はすっかり男の子らしくなった
たくましい姿が見られるので2回おこなうご家庭もいらっしゃいます。
落ち着いた色合いに無地の和装スタイルには
帽子や小物で遊び心を入れてあげるのがポイントです!

 

☆家族で合わせるコーデ☆
七五三はお子様が主役の行事ですがご家族みんなで
合わせるコーデも人気になっています。
パパママはお子様が目立つように落ち着いた色で
合わせるとよりシックな和モダンコーデになります。
モダンには帽子やメガネなどの小物が一番映えます!

 

阿部写真館プレイアトレ土浦

阿部写真館プレイアトレ土浦は自然光、自然体、自然空間で
撮影するオシャレなカフェの中にあるスタジオです。
スタジオは土浦駅直結の場所にありますが、カフェの構内で
自然光が降り注ぐ場所を移動しながら撮影していきます。

写真館と聞くとちょっとお堅くてきっちりしているイメージを持たれる方が
いらっしゃると思いますが、阿部写真館ではスタジオ内だけではなく
カフェの中を動きながら撮影しお客様と会話をしてコミュニケーションを取ります。
緊張をほぐしていつも通りの自然体の姿を撮影出来るように心がけています。

このように楽しみながら撮影をすることによっていつもの笑顔を
引き出すことが出来るのです。

 

いかがだったでしょうか?
今回は「七五三モダンコーデ」を中心にご紹介してきました。

周りとは違う自分だけのコーディネートを楽しんで欲しいと思います。
そして、その歳でしか撮れない姿を成長の記録として
写真に残して大人になった時に思い返して欲しいですね。

 

阿部写真館プレイアトレ土浦での七五三撮影は
こちらまでお問い合わせください!!

お問い合わせ・ご予約

 

 

 

 

 

-写真のある暮らし

© 2022 写真と暮らそう!阿部写真舘 茨城 プレイアトレ土浦店