1. HOME
  2. ブログ
  3. 実はカンタン露出補正!3つのポイントで一眼レフの楽しみ方がさらにアップ!

実はカンタン露出補正!3つのポイントで一眼レフの楽しみ方がさらにアップ!

家族写真 茨城

みなさんこんにちは!今回は日頃の一眼レフ撮影をもっと便利にする機能、露出補正をご紹介していきます♪

この記事を読み終わった後、みなさんの一眼レフ撮影や写真の楽しみ方がもっと広がるようなお話にしていければ嬉しいです♪

露出補正ってなに?どんなことができるの?

みなさんは普段お使いのカメラの設定で写真を撮るとき、こんなことを思ったことはありませんか?

例えばシャッタースピード優先モードや絞り優先モードを使っている時、

『設定した数字のままで撮りたい!うーん、だけどなんかちょっと明るいなぁ・・・』とか

『せっかく空や雪がキレイなのに、見た目よりもなんか少し暗い感じになっちゃう・・・』など

優先モードはとっても便利で、一眼レフカメラを気軽に楽しむことができるステキな機能ではありますが、自分で決めた優先モードの数値に合わせ 一眼レフカメラが自動で他の数値を決定するため 思ったよりも明るかったり暗く写ってしまったりします。

そんな時のお役立ち機能がズバリ露出補正!なのです!笑

この露出補正、一体どんなものなのか結論から言うと・・・

露出補正を1段変えることで、一眼レフに取り込む光の量が倍になったり半分になったりするのです!

『ん・・・?どういうこと・・・?』

結論すぎて『?』が浮かんでしまいますね笑

でも大丈夫です!この記事を読み終わる頃にはきっとギモンの『?』は驚きと感動の『!』に変わっているはずです♪笑

ではまず、下の表をご覧ください!

(暗)(−3) I I I (−2) I I I (−1) I I I I I I (+1) I I I (+2) I I I (+3)(明)

これは一眼レフの露出計(明るさを測る目安になります)のゲージを表したものです。

露出補正はこのゲージを操作して光の量を調整していきます!

一眼レフのメーカーや機種によって操作は異なりますが+/−の表示マークが露出補正の目印です。

お使いの一眼レフを確認してみてくださいね♪

0から1までの明るさの変化を1段(1EV)と呼びます。(ここでも段が出てきましたね!笑)

ダイヤルを0からプラス方向の数字へ動かすことを1段明るく 0からマイナス方向の数字へ動かすことを1段暗くする と言います。

下の写真は露出補正を比較したものです♪

↑露出補正0

 

↑露出補正−1EV

(露出補正0から1段暗くなりました)

 

↑露出補正+1EV

(露出補正0から1段明るくなりました)

 

また、数字と数字の間は実際には3分割されていて、一目盛りずつでも明るさの調整が可能です!

その場合には1/3段(1/3EV)や2/3段(2/3EV)変える などと言いますよ♪

(因みにEVと言うのはExposure Value(露出値)の略です。“1EV変えた=1段分の露出値を変えたよ!”と言うことですね♪)

つまり、露出補正とは一眼レフが自動で決めた明るさを、自らの操作で変えることができる機能 なのです!

家族写真 茨城

露出補正が活躍する場面と設定

この露出補正が使えるモードにはまず、以下のモードがあります!

・絞り優先モード→絞りの数字を自分で設定し、一眼レフがシャッタースピードを決めてくれるモード。

・シャッタースピード優先モード→シャッタースピードの数字を自分で設定し、一眼レフが絞りを決めてくれるモード。

・プログラムオート→操作を一眼レフにお任せできるモードですが、自分で絞りやシャッタースピードを調整することもできる。

・マニュアルモード→絞りとシャッタースピードの両方を自分で設定できる。(ISO感度オート時にのみ露出補正が使えますが、一部の一眼レフには使用できない機種もあります。)

上記のいずれのモードも、絞り・シャッタースピード・ISO感度という一眼レフの3大要素のバランスを取ることで写真の明るさ決めているのです!(一眼レフが自動で決めたこの明るさをAE(自動露出)と呼びますよ♪)

これらを踏まえて露出補正の仕組みをご説明します♪

・絞り優先モードでの露出補正=実質的にシャッタースピードの数字を操作して明るさを調整している。

・シャッタースピード優先モードでの露出補正=実質的に絞りの数字を操作して明るさを調整している。

・プログラムオート=シャッターと絞りの数字両方の操作で明るさを変えている。(機種などによって多少の違いがある。)

・マニュアルモード=ISO感度の値を変化させて明るさを変えている。

意外にもシンプルな仕組みですね♪

では、この露出補正はどんな場面で活躍するのでしょうか。

例えば 観光地の古い木造建築を撮影してみたら、全体的に白っぽくなってしまった!なんて場合

これは一眼レフが被写体の暗い色に反応し、明るくなるよう自動露出を決めてしまったからなのです!

そんな時には露出補正を、マイナス(暗くなる)の方へ調整してあげると良いでしょう!

また逆に、夕焼けを背に子供をパシャリ!でもあれ?子供が撮りたかったのになんか真っ暗!な状況

これは一眼レフが西陽の明るさにつられ、ちょうど良い空の明るさにするように判断したためです。

その場合には露出補正をプラスの方へ調整してあげましょう♪

一眼レフで写したい画の中に、白い色や明るい部分が多く含まれてる場合、逆に黒や暗い色の部分が多い場面の時に、露出補正がお役に立ちますよ!

さて、ここで露出補正とISO感度の関係性にも簡単に触れてみます♪(ISO感度についての記事はコチラ

ISO感度は一眼レフに取り込んだ光の量を増幅させて写真を明るくしてくれるスグレモノの機能ですが、優先モードを使用している場合にはISO感度を調節してもその分写真が明るくなるわけではなく、適正な明るさにするためにシャッタースピードもその分速い数字に調整されます。

そのため優先モードの場合、写真が一定の明るさにキープされるのです!

優先モードでISO感度をあげるメリットは、速いシャッタースピードにしてブレを防止するところにあることがわかりますね♪

一方で、露出補正というのはここまでお話してきた通り、一眼レフが判断して決めた絞りとシャッタースピードのバランスを 自分の手で変更することによって、写真の明るさを変化させます。

一眼レフに取り込んだ光の量を増やして写真を明るくできるISO感度とは違い、絞りやシャッタースピードを変化させることで写真の明るさを変えられるのが露出補正 ということです♪

ただし、マニュアルモードや絞り優先モードなどでISO感度オートの設定を使用している場合には、露出補正はISO感度の値を変化させて明るさを変えています。

家族写真 茨城

雰囲気のある子供写真を撮ろう!

さて、今回は露出補正についてお話ししてきました♪

露出補正を知るためのポイントは大きく分けて3つです!

1. 露出補正とは一眼レフが自動で決めた明るさを、自らの操作で変えることができる機能!

2. 白い色や明るい部分が多く含まれてる場合、逆に黒や暗い色の部分が多い場面の時に役立つ!

3. ISO感度と露出補正は写真を明るくするためのプロセスが違う!

 

これさえ抑えれば、今まで頭を抱えてきた暗い場面や明るい場面での一眼レフ撮影がよりスムーズに、より思い通りに、もっと楽しくなると思います♪

例えば、子供や赤ちゃん 女性だったり、葉の薄い植物やガラス製の飾りなど 被写体に応じて少し明るめに露出補正をするとさらにキレイに写すことができる場合もあります!

赤ちゃんや子供のふんわりと柔らかいイメージや 可愛らしさを表現するための一つの方法として あえて明るめに露出補正を試してみる というチャレンジも一眼レフ撮影を楽しむコツだと思います!

もちろん、子供をちょっとかっこいい感じに撮ってみよう!なんていう時にも あえて少しだけ暗く露出補正をして 雰囲気を引き出してみるのもありかもしれませんよね♪

日常の何気ない瞬間や子供の成長、その時の空気感だったり表情だったりも 露出補正でより印象的なイメージに より素敵に写すことができると思いますよ!

一眼レフが自動で決めた明るさなら、もちろん便利だし気軽に楽しめますが、そこに露出補正というたった一つのエッセンスで より自分のイメージ通りに子供や子供の成長を撮って残していけるというのも 一眼レフの大きな魅力の一つだと思います♪

そして例えばこんな、一眼レフや写真に関するお話をもっと直接色々知りたい!とお考えのみなさん!

自分で子供を撮りたくて一眼レフや写真を始めたばかり!や、面白そうだしこれから始めたい!でもどこからどう始めたら良いのかな・・・とお悩み中のママさん パパさん、一眼レフはどう選んだら良いんだろう?こんな時はどうしたら良いんだろう・・・とお困りのみなさんも!

阿部写真館プレイアトレ土浦店ではそんなみなさんの “困った!全然わからない!”無料の写真教室でお答えいたします♪

毎月開催ですよ♪ ご興味のある方、ご質問や詳細のお問い合わせはQRコードから 下記手順でお願い致します♪

※①QRコードを読み込む ②LINEの友達追加画面を開く ③ライブラリから画像を読み込む を押して、この画面を選択

今後のイベント情報やキャンペーン情報も随時更新予定です!ぜひチェックしてみてください♪

次回も一眼レフと写真の楽しさを、みなさんの暮らしにお届けしていきたいと思います♪

ではまた♪

関連記事