1. HOME
  2. ブログ
  3. 決まりきった背景じゃ嫌!?ナチュラルで粋な子ども写真

決まりきった背景じゃ嫌!?ナチュラルで粋な子ども写真

 

こんにちは!

 

8月ももう後半になりました。

 

お祭り、花火、キャンプにプールetc.

 

お子さんにステキな夏の想い出を

いっぱいつくってあげたい!

 

お出かけも小さなお子さんは、

保護者同伴でなければ心配です。

 

ご自分の休日も毎日も、

家族のためにあるようなもの?!

 

いつも頑張っている

お父さんお母さん!

 

暑い中、

ほんとうにお疲れさまです。

 

けれど、お子さんが喜ぶ姿、

わくわく感いっぱいの満面の笑顔を見れば、

エネルギーも充電できそう!

 

見ているだけでも幸せになれる、

そんな夏のナイスショットも

ゲットしていることと思います。

 

夏休みに撮った写真で

ステキなアルバムをつくれそうですね。

 

家族写真 茨城

 

 

 

子どもって純真で正直。

 

ただカメラを向けられただけでは、

何事かと思い、緊張してしまいます。

 

けれど、大好きなお父さん、お母さんと

いっしょにエンジョイしている時は、

もうパワー全開!!

 

「パパといっしょにいくぞッ!

よ~いドンッ!!」

 

「かっわい~っ❤

お空に向かってジャーンプ♪」

 

もう、楽しむことに夢中になると、

カメラなんて気にしていません。

 

家族写真 茨城

 

 

でも、たとえば七五三や入園・入学の

記念写真撮影ではどうでしょう?

 

知らない大人のカメラマンがいて、

急に写真撮影が始まってしまったら?

 

大人でもほとんどの方は、

カメラをむけられれば

ついつい構えてしまうものです。

 

そこに追い打ちをかけるように、

「ハイ、笑って~」などと言われたら?

 

逆に顔がこわばってしまいそう。

 

しかも、初めて来た場所、

まわりの子たちの緊張感も感じるし、

自分の順番待ちでドキドキもマックスに?!

 

そんな強張った雰囲気での撮影じゃ、

最高の笑顔はなかなかでてはくれません。

 

 

 

 

お子さんの笑顔をひきだすコツは、

まずは仲良くなることです。

 

撮影なんて忘れちゃうぐらい、

お子さんといっしょに遊んで、

楽しい!面白い!ことをします。

 

もちろん、

行ったことのある慣れた場所だと、

気持ち的にも安心します。

 

そんな意味でも、プレイアトレって

撮影場所としても

とても優秀なのですね。

 

ゆったりのんびりできる空間づくり。

 

スィーツやベーカリーなど

おししいものもいっぱいあって、

心地よい香りが漂ってくる。

 

カラフルで、

いろいろなカタチのイスやテーブルに

おもわず座ってみたくなる

 

奥にある卓球台や、

サイクルステーションにずらりと並ぶ

自転車も面白そう。

 

大きな窓から見える青空や車、

高い天井には配管がいっぱいあって、

お部屋の中なのに木もあって提灯もあって・・・。

 

どこを背景にしても、

ナチュラルクールに決まる

ハイセンスなステージです。

 

そこでポーズを撮る僕・私って、

なんだかカッコイイかも♪

 

まるでモデルさんみたいだね。

 

家族写真 茨城

 

 

そうです。

 

モデルさんって、

おしゃれな空間でポーズを撮るでしょう?

 

ステージも活き活きとしているから、

モデルさんのオーラーとの相乗効果で

キラキラとした輝きがいっそう増すのです。

 

ありきたりの背景、壁紙などでは、

せっかくの記念写真も

「みんなと同じ」ものになってしまいます。

 

もちろん、「みんなと同じ」が

安心できる方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、おひとりおひとりの

持っている個性や輝きは

あきらかに異なります。

 

せっかくのきらめく個性を、

ひきださなくてはもったいなすぎる!

そう思いませんか?

 

プレイアトレには、

「ここでしか味わえない、バラエティ豊かな楽しみ」が

いたるところに存在します。

 

いつもならカメラマン役の

お父さん、お母さんも

今日はいっしょにモデルやろうよ♪

 

そう、撮影自体を

親子で楽しむ遊びにしちゃってもいいかも。

 

家族写真 茨城

 

 

阿部写真館のスタッフは、

みんな子どもがだ~い好き❤

 

クールで愛らしいお子さんの姿を見たら、

もうメロメロになります。

 

こんなことだって、あんなことだって

しちゃうそぉ~!!!

 

うれしくってワクワクしちゃうこの気持ちが、

お子さんにも伝わるのでしょうか。

 

いつの間にか

いっしょになってテンションものりのりに。

 

まるでひとつのチームになって

撮影している気分です。

 

いいえ、もうすでにご家族チームの一員ですね。

 

プレイアトレでいっしょに行った撮影大会が、

忘れられない楽しい想い出のひとつになりますように。

 

私たちスタッフの願いです!(^^)!

 

 

関連記事